記念切手

ビードロを吹く娘の切手買取価格と高く売れる条件

切手趣味週間1955年11月1日発行「ビードロを吹く娘」の切手買取価格と高く売れるための条件を紹介します。

ビードロを吹く娘の切手買取価相場

単片(バラ)100~200円
5枚シート 2,000円~5,500円

切手趣味週間1955年11月1日発行の「ビードロを吹く娘」は同シリーズ「見返り美人」「月に雁」に並ぶプレミアム切手四天王の1つです。

ただし、発行枚数が550万枚と大量であったため切手の価値としてそれほど高値はついていません。

ヤフオクなどであればバラ(単片)で500~600円、5枚シートなら2000円台~20,000円(極美品)と幅がありますが、切手専門業者での買取価格であれば2,000~5,000円程度です。

ビードロを吹く娘が高く売れる条件

以下は切手の保存状態の良い悪いを表す基準の一例です。
当然のことながら切手にシミ、ヤケ、破れ、ヒンジ跡など傷のないきれいな状態であればあるほど価値と価格は高くなりその反対は低くなります。

切手の状態基準一覧

VF 極美品~美品
F 普通
G やや欠陥あり
D 悪い

■ヒンジ跡
NH ヒンジ跡無し
LH 少しヒンジがある
HR ヒンジ跡あり
OG 裏糊あり
NG 裏糊なし

ビードロを吹く娘の基本情報|切手趣味週間1955年

「ビードロを吹く娘」は1955年11月1日に発行された切手趣味週間シリーズで
「見返り美人」「月に雁」翌年に発行される「市川蝦蔵」と同じく浮世絵切手
の中で現在でも切手コレクターの間では高い人気を誇っています。

「見返り美人」「月に雁」が単色刷りなのに対し、この「ビードロを吹く娘」は
初のグラビア印刷の多色刷りだったことも発売前から話題になりました。

また1940年~50年代に発行されたグラビア印刷の記念切手には印刷時に印刷版
に異物が付着することで汚れがそのまま印刷されてしまった“定常変種”という
ものが存在します。

ビードロを吹く娘の定常変種には図柄の女性のアゴにホクロのような黒点
が付いていることから“ホクロ付き”と呼ばれある種希少な扱いをされています。

ビードロを吹く娘とポッピン(ポッペン)を吹く女

ビードロを吹く娘は18世紀後半の浮世絵全盛期に活躍した喜多川歌麿の作品で
「婦女人相十品(ふじょにんそうじっぴん)」のうちの1つで、「ポッピン(ポッペン)
を吹く女」と呼ばれることもありますが、

ビードロとポッピン(ポッペン)は同じ意味のため同一の作品です。

ちなみにビードロとは現在でも長崎などに行くとお土産として販売されていますが江戸時代にポルトガルから舶来品として日本に持ち込まれたガラスの弾力性を使ったおもちゃで
息を吹き込むと“ポッペン”という音がします。

浮世絵に描かれるほど庶民にも人気のあったことが伺えます。

切手も広く庶民に利用される性質のものであるため図案に「ビードロを吹く娘」が選ばれたのも共通点がありますね。